取り扱いの注意点と手入れ|壺などの骨董品を買取してもらうなら注意点を知っておこう

骨董品買取を高価買取してもらうには日頃からお手入れをしよう

取り扱いの注意点と手入れ

壺

手袋で扱う

骨董品を将来的に買取してもらおうと考えているなら、その日まで手入れをする必要があります。それは、鑑定された時に高価がつくか分かれ道になるからです。まずは、骨董品に触れる時の注意点を学びましょう。手には、汚れや水分が含まれています。そのため、貴重な骨董品に触れる時は手袋をした状態で扱うようにしましょう。それだけで、手アカなどがつくことを防いで、骨董品買取をしてもらう時にも鑑定ポイントが高くなります。骨董品買取を取り扱っている業者は京都にもあります。

ツバやくしゃみがつくのを防ぐ

先程の手袋と同様に、骨董品を取り扱う時にはマスクをするようにしましょう。それは、ツバやくしゃみが出た時に骨董品に付着するのを防ぐためです。

天気の良い日を選ぶ

手入れをすることが定期的にあると思いますが、雨の日を避けて天気の良い日に手入れをしましょう。骨董品は繊細で、傷みやすいので湿気の多い日はおすすめ出来ません。

天気の良い日を選ぶ

手入れをすることが定期的にあると思いますが、雨の日を避けて天気の良い日に手入れをしましょう。骨董品は繊細で、傷みやすいので湿気の多い日はおすすめ出来ません。

広告募集中